医療法人社団 景星会 大塚北口健康管理クリニック
ご予約は
医療法人社団 景星会 大塚北口健康管理クリニック

検査でわかること

身体測定
BMI (体格指数) = 体重 (Kg) ÷ 身長(m) ÷ 身長(m)
肥満度 (%) = (実測体重-標準体重) ÷ 標準体重 × 100
標準体重 (Kg) = 身長 (m) × 身長 (m) × 22
標準体重 (Kg) = (身長cm-100) × 0.9  Broca指数の桂氏変法
視力検査
5m離れた所の視力 (遠方視力) を測定します。
眼圧検査
眼球の固さを測定し眼球内圧の変化を調べる検査です。 緑内障の診断に欠かすことができない検査です。
発見されることのある病気:緑内障
聴力検査
日常会話による方法とオージオメーターという機械を使う方法があり音の高さ(Hz)と大きさ(dB)を変えて測定します。
発見されることのある病気:難聴
血圧測定
心臓が収縮して血液を動脈に送り出すときの圧力を 「最高血圧」 といいます。
逆に心臓が元に戻って血液をためる間の圧力を 「最低血圧」 といいます。
血圧が高いと血管に負担が多くかかり、脳・心臓・腎臓・眼底などに障害が起こる可能性が高くなります。
血管はいろいろな条件 (測定時の緊張・疲労・季節など) により変動しますので定期的に測定する事が大切です。
発見されることのある病気:高血圧
胸部レントゲン
肺結核・肺がん・じん肺症・肺炎などの診断に欠かせない検査です。 肋骨・心臓・動脈などの異常を発見する手がかりにもなります。
発見されることのある病気:肺がん、結核、肺炎、肺気腫、心肥大など
心電図検査
心臓の動きによって生じる、ごくわずかな電気を増幅させ記録し、波形にする検査です。
心肥大・心筋梗塞・心筋障害・不整脈などを波形のパターンやリズムで判定します。
発見されることのある病気:心筋梗塞、不整脈、心肥大など
胃部レントゲン
造影剤であるバリウムと発泡剤を飲み、発泡剤の空気とバリウムとの白黒の濃淡差を利用しX線モニターに写し撮影します。
上部消化管の潰瘍や癌などを発見する事ができます。
発見されることのある病気:胃がん、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、ポリープなど
眼底検査
眼底は体の中でもっとも鮮明に観察できる血管です。
眼の病気だけでなく、動脈硬化や糖尿病による血管の疾患、頭蓋内の病気などの診断に役立ちます。
発見されることのある病気:眼底出血、網膜はく離、動脈硬化、白内障など
超音波検査
超音波は、耳に聞こえないくらい周波数の高い音で、一定方向に強く直進する性質があります。
臓器の形状や組織の状態によってさまざまな物理的変化を受けます。 その変化を画像にし診断するものが超音波です。
発見されることのある病気 :
【腹部】肝臓、膵臓、胆のう、腎臓、脾臓の腫瘤(がん等)や結石、脂肪肝など
【乳腺】乳房の腫瘤(繊維腺腫、のう胞、乳がん)、乳腺症など
貧血検査
赤血球数(RBC):主に体の細胞に酸素を運搬する働きをしています。 貧血を見つける手がかりになります。
血色素量(Hb):赤血球の中に含まれており、酸素を運搬する働きをしています。
ヘマトクリット値(Ht):血液中に含まれる赤血球の割合を調べる検査です。
血小板数:出血をした時に血を止める働きをします。肝機能障害の目安にもなります。
血清鉄(Fe):血清中に含まれる鉄分を測定して鉄欠乏性貧血などを調べる検査です。
発見されることのある病気:貧血など
炎症検査
白血球数(WBC):体内に炎症がおこると、血液中の白血球が増加します。
CRP:炎症や組織の損傷があるかどうか調べるのに役立つ検査です。
赤沈:赤血球沈降速度を測定する検査です。
発見されることのある病気:炎症の有無、白血病など
肝機能検査
総ビリルビン:直接ビリルビンと間接ビリルビンを合わせて総ビリルビンといいます。黄疸等の指標となります。
直接ビリルビン:肝機能障害の代表的な症状である。黄疸等の主な指標となります。
総蛋白(TP):あらゆる組織の病変が蛋白の変動として反映してきます。
アルブミン:肝臓で生成され、栄養不良の鋭敏な指標となります。
A/G比:血清中の蛋白は、主にアルブミンとグロブリンから構成されています。その比率を測れば、肝臓などの障害を見つけることができます。
TTT(チモール):急性肝炎、慢性肝炎、膠原病などで高値を示します。
ZTT(クンケル):急性肝炎や他の慢性疾患等で高値を示します。
AST(GOT):体蛋白質の構成に関係する酵素で、肝臓・心臓・骨格筋の病気の手がかりになります。
ALT(GPT):ASTと同じ体蛋白質のアミノ酸造成促進酵素で、肝疾患の早期発見に役立ちます。
γ-GTP:肝臓・腎臓・脾臓に多い酵素で特にアルコールの影響を受けやすいので飲酒による肝障害のチェックに役立ちます。
ALP:肝臓・胆管・骨・腎臓・腸粘膜にある酵素で、これらの器官の異常のときに、血液中に多くでてきます。
LDH:糖がエネルギーに変わるときに働く酵素で肝臓病、悪性腫瘍、心臓病などで高値になることが多くこれらの病気のスクリーニング検査です。
コリンエステラーゼ:肝臓で生成される酵素で、肝実質障害により活性が低下します。
発見されることのある病気:肝炎、肝臓がん、肝硬変、肝機能障害など
肝炎検査
HBS抗原:B型肝炎ウィルスに感染しているか調べる検査です。陽性でも肝炎が発症するとは限りません。
HBS抗体:B型肝炎ウィルスに以前感染があったか調べる検査です。
HCV抗体:C型肝炎ウィルスに感染しているか調べる検査です。陽性の場合C型肝炎の疑いがあります。
発見されることのある病気:肝炎ウィルス感染の有無
脂質検査
総コレステロール:いろいろな臓器の細胞の中に存在し、ホルモンや細胞の中の膜を作る重要な構成物になります。
中性脂肪(TG):皮下脂肪の主成分で、増加すると動脈硬化、高血圧、心臓病、糖尿病などの成人病の原因となります。
HDLコレステロール:動脈硬化を予防する善玉のコレステロールの量を調べる検査です。
LDLコレステロール:動脈硬化の危険因子で悪玉のコレステロールの量を調べる検査です。
発見されることのある病気:脂質異常症(高脂血症)
糖尿病検査
血糖(FBS):血液中のブドウ糖(血糖)が高くなると、糖尿病になります。
HbA1c:糖尿病にかかった場合1~3ケ月前の長期血糖コントロールの目安として用いられます。
フルクトサミン:血液中の糖と蛋白が結合してできる物質で過去2週間の血糖の平均値を反映しているとされる検査です。
発見されることのある病気:糖尿病
腎機能検査
尿素窒素(BUN):腎機能を調べる検査のひとつ、腎機能が低下すると血液中に尿素窒素が増えます。
クレアチニン:体内の老廃物の一種で、腎臓の働きが低下すると排泄が減り、血液中にクレアチニンが増えます。
発見されることのある病気:腎機能障害
痛風検査
尿酸(UA):尿酸の生成と排泄のバランスがくずれると血液中の尿酸が増え、痛風、腎障害、高血圧、心臓障害などを引き起こします。
発見されることのある病気:高尿酸血症、痛風
膵機能検査
アミラーゼ(Amy):膵臓・唾液腺に多く存在し、これらの器官の疾患で高値になります。
発見されることのある病気:膵がん、膵炎など
尿検査
尿蛋白:腎臓や尿管などに障害があると多量の蛋白が蛋白尿になります。
尿糖:体に異常があって血糖値が一定限度をこえると、腎臓から多量の糖が尿に出てきます。
ウロビリノーゲン:肝臓の障害や赤血球が壊れて溶血がおこると、尿中のウロビリノーゲンが多くなります。
尿潜血:腎臓や尿管、膀胱など尿の通り道となる臓器に異常があると赤血球が尿に混じります。
発見されることのある病気:糖尿病、腎臓・尿管・膀胱の出血を伴った疾患(がんや結石)など
便潜血検査
消化管の出血の有無を調べる検査です。大腸癌などの早期発見に役立ちます。
発見されることのある病気:大腸がん、胃がんなど
喀痰検査
喀痰を採取して異常の有無を診る細胞診などを行います。
発見されることのある病気:肺がんなど
婦人科検査
子宮癌:自己採取法などにより子宮の粘膜を採取し異常細胞の有無を診て細胞診断を行います。
発見されることのある病気:子宮頚がん
肺機能検査
肺活量や一秒間に吐き出せる量(一秒量)などを測定します。
肺や気管支の病気を診断するてがかりになります。
発見されることのある病気:慢性閉塞性肺疾患(COPD)など