お問い合わせは
こちら  
医療法人社団 景星会 大塚北口診療所

ハイパーサーミア(温熱療法)

当院では「がん」に対するハイパーサーミア(温熱療法)を実施しております。
ハイパーサーミアは、正常組織にダメージを与えることなくがんの治療をすることができるので、 副作用や後遺症などが少ない理想的な治療です。
ハイパーサーミアをご希望の方はお問い合わせください。
ハイパーサーミアとは?
通常、人間の細胞は42℃以上になると死んでしまいます。そこでがんを中心とした局所を加熱して42℃以上に加温するための治療がハイパーサーミアです。
加温方法は、2枚の電極で患部をはさみ、ラジオ波を照射して加温します。もちろん正常細胞も加温されますが、がん細胞は正常細胞と比べ熱に弱い特徴があります。 また、正常な組織であれば血管が拡張し、血流が増加することで熱を逃がしますが、がん細胞は血管の拡張がほとんどなく熱をため込みやすい特徴があります。よって正常細胞は42℃以上になって死ぬことはありません。
脳・眼球・白血病を除くがん(固型がん)に適応があります。
ハイパーサーミアのメリット
加温することによりがん細胞を直接殺す効果もありますが、そのほかにもさまざまな効果があることがわかっています。

 ・免疫の活性化
  体内の免疫細胞が活性化し、がん細胞を攻撃します。
 ・がん細胞への薬剤の取り込みを増加
  薬剤治療と併用することでがん細胞への薬剤の取り込みが上昇し、薬剤の効果を一段と高めます。
 ・放射線治療の効果を増強
  放射線治療と併用することで放射線治療の効果を高めます。
 ・QOLの向上
  がんによる疼痛の緩和、食欲増進、気分がよくなるなどQOLが向上します。
ハイパーサーミアを受けるにあたっての注意点
 ・禁忌
  ペースメーカー、植え込み型除細動器などの機器を装着されている方は治療できません。
  また、体内に金属(ステント、ポートなど)を留置されている方、意思の疎通が困難な方などは治療できない場合が
  ありますので主治医にご相談ください。
 ・食事は2時間前までに済ませてください。
 ・汗を多量にかきますので、治療後は十分に水分補給をしてください。
 ・治療後に軽いやけどや脂肪の塊ができることがあります。
治療の流れ
 ○持ち物
  ・治療中の着衣(ボタンやチャックなど、金属のないもの)
  ・下着の替え
  ・汗を拭くタオル、体の下に敷くバスタオル
  ・飲み物
  ・ひざ掛け、帽子などの防寒具(エアコンの風などで寒く感じる方のみ)

 ○治療の準備
  ・治療開始の15分前までにご来院ください。
  ・血圧と体温を測定してお待ちください。
  ・身に着けている金属をすべて外してください。
  ・治療部位の着衣を脱いで、治療テーブルに横たわります。
  ・電極で体をはさみます。

 ○治療中
  ・出力を調整し、徐々に上げていきます。
  ・治療時間は45分間です。
  ・皮膚がピリピリと痛んだ場合はスタッフにお伝えください。
  ・痛みが続く場合はゼリーを塗ったり、テープを張ったりします。

 ○治療後
  ・電極を離し、治療テーブルが下がります。
  ・汗を拭いて、着替えをしていただきます。
  ・水分補給をしっかりとしてください。

リンク